ボーイ・ジョージの「プリンスと寝た」発言について、出演番組の広報が説明 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ボーイ・ジョージの「プリンスと寝た」発言について、出演番組の広報が説明

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ボーイ・ジョージの「プリンスと寝た」発言について、出演番組の広報が説明

ボーイ・ジョージの「プリンスと寝た」発言について、出演番組の広報が説明

 先日、人気オーディション番組『ザ・ヴォイスUK』の収録中にカルチャー・クラブのボーイ・ジョージが行った「プリンスと寝た」発言について、同番組の広報がピープル誌に対し「冗談だった」ことを明らかにした。


 この爆弾発言は、ジョージとウィル・アイ・アム、リッキー・ウィルソン、パロマ・フェイスら審査員達が、それぞれこれまでに仕事をしたことのある素晴らしいミュージシャンについて話していたときに飛び出したもの。フェイスがかつてプリンスとコラボしたことについて触れた際、ジョージがすぐさま「あぁダーリンね、僕は彼と寝た事があるよ」と割って入ったという。


 同番組の広報は、「ジョージは子どもの頃、プリンスのポスターを壁に貼っていたと言いたかったのです。決して本気ではありません」とも話している。


 ボーイ・ジョージは現在54歳。プリンスは57歳だ。


 米ビルボードはプリンスの代表にコメントを要請しているが、現時点ではまだ応答がない。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい