Album Review: 馬喰町バンド 民謡を現在進行形のロックへと昇華!斬新な“民族音楽”に酔う

2015/10/30 16:26

 この数年、日本の祭りや民謡に注目が集まっている。例えば、阿波踊りや河内音頭といったトラディショナルなものだが、こういった流れの根幹で気を吐くグループが馬喰町バンドだ。武徹太郎(ギター・唄)、織田洋介(ベース・唄)、ハブヒロシ(遊鼓・唄)という3人組で、2007年に冗談半分で結成して以来、地道にライヴ活動を続けてきた。アルバムも枚数を重ね、新作アルバム『遊びましょう』は4枚目となる。

あわせて読みたい

  • 馬喰町バンド最大の挑戦! 8時間【全曲ライブ】決定

    馬喰町バンド最大の挑戦! 8時間【全曲ライブ】決定

    Billboard JAPAN

    1/24

    コンテンポラリーな民謡に果敢に挑んできた異端児=よなは徹がルーツに立ち返った味わい深い1枚(Album Review)

    コンテンポラリーな民謡に果敢に挑んできた異端児=よなは徹がルーツに立ち返った味わい深い1枚(Album Review)

    Billboard JAPAN

    4/12

  • 朝倉さや 民謡×ラップ/メタル/ファンクなど収めた新作がAmazon1位獲得

    朝倉さや 民謡×ラップ/メタル/ファンクなど収めた新作がAmazon1位獲得

    Billboard JAPAN

    9/26

    中村佳穂、秋に東阪自主企画ライブ開催

    中村佳穂、秋に東阪自主企画ライブ開催

    Billboard JAPAN

    7/16

  • 母も子も赤き靴はき雨情の忌−歳時記をたのしむ

    母も子も赤き靴はき雨情の忌−歳時記をたのしむ

    tenki.jp

    1/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す