AOA『Ace of Angels』 接戦のチャートを制し首位、ドリカムが僅差の2位に 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

AOA『Ace of Angels』 接戦のチャートを制し首位、ドリカムが僅差の2位に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
AOA『Ace of Angels』 接戦のチャートを制し首位、ドリカムが僅差の2位に

AOA『Ace of Angels』 接戦のチャートを制し首位、ドリカムが僅差の2位に

 アルバム複合チャート“Hot Albums”第21回目は、韓国のガールズグループ、AOA『Ace of Angels』が混戦模様のチャートを制し1位を獲得した。


 『Ace of Angels』は、AOAの日本1stアルバムでアルバムリード曲「Oh BOY」やこれまで日本で発表したシングル曲など11曲を収録した作品。セールスで大きく稼いだポイントで逃げ切り、同チャート初めてのトップとなった。AOAは、今作のリリースを記念したイベントを東京・大阪・福岡で開催し各地で大盛況。今後、日本でのさらなる活躍に期待がかかる。


 その『Ace of Angels』に僅差での2位になったのは、7月7日リリースのDREAMS COME TRUEのコンプリート・ベストアルバム『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』。リリースから3か月以上が経ったが、セールス、デジタルでもしっかりとポイントを積み上げ、ルックアップでは1位となり先週より2つ順位を上げた形だ。まだまだこのアルバムを楽しんでいる人が多いと予想できる。3位に入ったのは、セールスとデジタルで引き続きポイントを積み上げた、10月19日付“Hot Albums”1位の米津玄師の3rdアルバム『Bremen』。フレンチ・キスのラストアルバムとして注目が集まっていた『French Kiss』は、セールス以外のポイントが伸び悩み4位になった。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい