スティーヴィー・ワンダー、2人目の妻との離婚がようやく成立 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

スティーヴィー・ワンダー、2人目の妻との離婚がようやく成立

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
スティーヴィー・ワンダー、2人目の妻との離婚がようやく成立

スティーヴィー・ワンダー、2人目の妻との離婚がようやく成立

 スティーヴィー・ワンダーとファッション・デザイナーの妻、カイ・ミラード・モリスとの離婚がようやく成立したようだ。


 ロサンゼルスのクリスティーン・バード上級裁判所裁判官は10月5日、同夫妻の離婚裁判に判決を下した。グラミー受賞シンガーであるワンダーが2度目の結婚を終わらせるために離婚調停を始めてから3年以上も経過しており、やっと決着がついた形だ。


 ワンダーとモリスは2001年9月に結婚し、2009年に別居した。2人の間には14歳と10歳になる息子がいるが、裁判官の話によると息子達の親権は両人で共有するそうだ。


 なお、ワンダーは養育費として月々2万5,000ドル(約300万円)を支払っていくという。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい