ジャネット・ジャクソン、声帯を休めるためラスベガス公演を5月へ振り替え 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジャネット・ジャクソン、声帯を休めるためラスベガス公演を5月へ振り替え

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ジャネット・ジャクソン、声帯を休めるためラスベガス公演を5月へ振り替え

ジャネット・ジャクソン、声帯を休めるためラスベガス公演を5月へ振り替え

 ジャネット・ジャクソンが声帯を休めるためとの理由により、10月9日と10日に予定していたプラネット・ハリウッド・リゾート&カジノでの公演をキャンセルした。【アンブレイカブル・ツアー】における同ラスベガス公演は5月に移動し、2万人収容の新しいアリーナ会場で行うという。


 ライブ・ネイション・エンターテイメントは10月1日、チケット所有者には払い戻しが行われ、5月14日の振替公演チケットを優先して購入できるようにすると発表。チケットは16日に販売開始される。


 プラネット・ハリウッドにある同会場を所有するシーザーズ・エンターテインメントにとって、今回の公演移動は損失となる。同会場は、ブリトニー・スピアーズやこの先のジェニファー・ロペスによる定期公演が行われる場所だ。


 また、MGMリゾーツ・インターナショナルは、4月に同社系列ホテルのニューヨーク・ニューヨークとモンテカルロの後ろに新しいアリーナをオープンさせるよう、コンサート・プロモーターのAEGライブと準備をしている。


 ジャネット・ジャクソンによる久々のニューアルバム『アンブレイカブル』は、10月2日リリース(日本盤3日)となっている。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい