5SOSの日本版MVに寺田心が出演、「とっても緊張しました」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

5SOSの日本版MVに寺田心が出演、「とっても緊張しました」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

5SOSの日本版MVに寺田心が出演、「とっても緊張しました」

5SOSの日本版MVに寺田心が出演、「とっても緊張しました」

 5SOSの新曲「シーズ・カインダ・ホット」の日本オリジナル・ミュージック・ビデオが解禁され、子役の寺田心が出演していることが分かった。


 ビデオには、この撮影用に結成されたミニソスが出演しており、寺田心はリードボーカル・ギターを務めている。本楽曲では歌詞の中に”新世代のリーダーとなる”というフレーズが使われており、リリースタイミングで来日できない5SOSの代わりに今、最も熱い新世代である寺田に白羽の矢が立ち実現に至った。


 撮影は、月末に下北沢のライヴハウスLIVEHOLICで実施。何度もミュージック・ビデオを見て練習し、空き時間も真剣に練習をしていたミニソスメンバーは、完全にロックンローラーになりきり、完全なリップシンクによって、かっこいいパフォーマンスを披露している。今回、初めてミュージック・ビデオに出演した寺田心は「お客さんの前でパフォーマンスするのはとっても緊張しました。でもお客さんとたくさん盛り上がれました。(もし本人たちと会えたら)ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーさんと一緒に「シーズ・カインダ・ホット」を歌いたいです」とコメントしている。photo (c)Sotaro Goto


◎ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー「シーズ・カインダ・ホット」(”Mini Seconds of Summer” version)
https://youtu.be/oTUXd5i3hcQ


◎リリース情報
ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー『サウンズ・グッド・フィールズ・グッド』
2015/10/23RELEASE
UICC-10022 2,376円(tax in)


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい