Album Review:チャーチズ『Every Open Eye』 インディー・ポップ/ダンスのど真ん中を引き受ける快心作

2015/09/26 00:30

 2013年に『The Bones of What You Believe』でアルバム・デビューを果たしたグラスゴー出身のエレクトロ・ポップ・トリオ=チャーチズ(それ以前には日本独自企画のEPも発表されており、当初から注目度は高かった)は、UKチャートで最高9位、Billboard 200でも12位と上々のセールスをマークしてキャリアを歩み始めた。紅一点・ローレンのキュートなルックスと瑞々しい歌声、そしてステージでは驚くほどダイナミックかつダンサブルな音像を描き出し、ライヴ・シーンにおいても瞬く間に引っ張りだこの人気グループとなった。

あわせて読みたい

  • Album Review:フューチャー『DS2』 サザン・ヒップ・ホップの“未来”を描き始めた最新作

    Album Review:フューチャー『DS2』 サザン・ヒップ・ホップの“未来”を描き始めた最新作

    Billboard JAPAN

    9/2

    チャーチズ、ニューAL『Screen Violence』発売決定&ザ・キュアーのロバート・スミス参加の新曲を解禁

    チャーチズ、ニューAL『Screen Violence』発売決定&ザ・キュアーのロバート・スミス参加の新曲を解禁

    Billboard JAPAN

    6/3

  • Album Review:ボビー・コールドウェル&ジャック・スプラッシュ『クール・アンクル』 “ミスターAOR”が新たに送るポスト・ヒップホップ時代のAORとは?

    Album Review:ボビー・コールドウェル&ジャック・スプラッシュ『クール・アンクル』 “ミスターAOR”が新たに送るポスト・ヒップホップ時代のAORとは?

    Billboard JAPAN

    11/12

    チャーチズがパラモアのヘイリー・ウィリアムスをフィーチャーしたシングルのMVを公開

    チャーチズがパラモアのヘイリー・ウィリアムスをフィーチャーしたシングルのMVを公開

    Billboard JAPAN

    7/11

  • 豪洲レーベルのコンピからKOAのクラシックハウス曲を独占公開

    豪洲レーベルのコンピからKOAのクラシックハウス曲を独占公開

    Billboard JAPAN

    12/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す