AAA デビュー日開催の【AAA 10th Anniversary Live】公式レポート到着 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

AAA デビュー日開催の【AAA 10th Anniversary Live】公式レポート到着

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
AAA デビュー日開催の【AAA 10th Anniversary Live】公式レポート到着

AAA デビュー日開催の【AAA 10th Anniversary Live】公式レポート到着

 男女7人組のスーパーパフォーマンスグループ AAA。デビュー日の9月14日、国立代々木競技場第一体育館にて【AAA 10th Anniversary Live】を開催した。

AAA 10周年記念ライブ写真一覧


 過去のアニバーサリー映像が流れるオープニングの後、AAAのメンバー7人が白を基調とした衣装に身を包んで登場。その瞬間、メンバーを待ちわびていたファンの大歓声と共に7色のペンライトが揺れる。このライブの為に用意されていたステージ上のケーキのオブジェをメンバーが取り囲み、ロウソクを吹き消すと浦田直也が「宴といこうか!」と叫んで「777~We can sing a song!~」からライブはスタートした。1曲目から2つのトロッコにメンバーが分かれて乗り、ゆっくりとアリーナを周回。続く「PARADISE」や「SHOW TIME」というアップテンポナンバーのパフォーマンスに加えて、普段のライブよりも長くメンバーと近づけて観客のボルテージも必然的に上がる。


 ステージに戻るも、7か月連続リリースの第1弾シングル曲「I'll be there」の妖艶かつノリノリなナンバーで会場はさらにヒートアップ。ここで第7弾シングル曲「LOVER」のハワイで撮影されたMVのメイキング映像が流れた後、赤を基調とした秋らしい衣装でメンバーが同曲をパフォーマンスしながら再登場。さらに第3弾シングル曲「ぼくの憂鬱と不機嫌な彼女」では一転、メンバーが切なく歌い上げしっとりと聴かせた。続いて、MVの再生回数がAAA史上最速で100万回再生を記録した新曲「愛してるのに、愛せない」の壮大なイントロが流れ、メンバーは感情を剥き出しにして熱唱。


 第4弾シングル曲「GAME OVER?」のイントロが流れると、伊藤千晃が「皆さん楽しんでますか? 今日2015年9月14日にAAA、無事に10周年を迎えることが出来ました! ありがとうございます! ここに来てくれてる多くのファンの皆さんのおかげだと思ってます。」と感謝の言葉を伝えつつ、「皆さん盛り上がる準備は出来てますかー? とにかく派手に思う存分一緒に歌って踊って楽しんでいってください! 準備はいいですかー?」と観客を煽る。ここからは宇野実彩子が「先生」となり振り付けを厳しく指導。日高光啓から「祝いに来てくれたのに容赦ないねー(笑)」といじられつつも終始メンバー間で楽しくトークを交わした。そのまま観客と一緒に「GAME OVER?」を踊り、さらに「ハリケーン・リリ、ボストン・マリ」で恒例のタオル回しで会場の一体感と盛り上がりがさらに増す。


 優しいシンセサイザーの音が流れると、AAA史上最も壮大なラヴソングと言っても過言ではない第2弾シングル曲「Lil' Infinity」を披露。西島隆弘のハイトーンボイスが響く。ここで浦田が「楽しんでますか? 今日が誕生日当日になります! 今日で10歳になりました! 10周年をこうして皆と迎えられるということで騒ぎまくりたいと思ってますけども、皆さん元気ですかー? お祝いしてくれる?」と改めて挨拶をする。さらにメンバー全員で10周年を振り返り、過去のシングルを1stから言っていき(途中までしか言えなかった)その流れで「Friday Party」から始まる思い出の名曲メドレーを披露。会場からは驚きにも似た歓声が響き渡る。そしてメドレーの最後にはデビュー曲の「BLOOD on FIRE」も披露し、一旦メンバーは退場。


 アンコールが始まり、しばらく経つと会場に「Birthday song」のイントロが流れ1万2,500人の観客が大合唱。そのままメンバーが登場し歌唱した後、サプライズでスタッフから10周年のバースデーケーキがプレゼントされる。浦田が「本当に10周年を迎えられたのは皆さんのおかげです! ありがとうございます! これからどんなAAAになるかわからないですけど、皆さんの応援があるということはどんどんどんどんやっていかなきゃいけないと思いますので、これからも変わらず応援よろしくお願いします!」と決意を語りつつ感謝の言葉を叫ぶと、観客も歓声でそれに応える。


 11年目、また新たに走り出すかのような疾走感あふれるナンバー「Wake up!」を歌唱して、バラード曲「夢ノカケラ」で静かにフィナーレ。西島が涙を浮かべつつ最後はメンバー全員で生声で「今日はどうもありがとうございました!」と締めくくった。10周年ということを変に意識せずに、11年目も変わらず素敵な歌とライブを届けると語る彼らを見送るファン達は、温かい目をしつつも涙を浮かべていた。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい