ジャニス・ジョプリンの愛車“ポルシェ356C”、オークション出品へ

Billboard JAPAN

 ジャニス・ジョプリンが実際に乗っていたポルシェがオークションに出品されることになった。


 車体全体に激しいサイケデリックなペイントが施された“1965年モデルのポルシェ356C カブリオレ”は、クラシックカーのオークション会社RM Sotheby'sにより、12月10日にニューヨークでオークションにかけられるそうだ。このポルシェは過去20年間、クリーブランドにあるロックの殿堂博物館(The Rock and Roll Hall of Fame and Museum)に展示されていた。


 ジョプリンの家族によって売却される同車には、40万ドル(約4,800万円)以上の値が付くと予想されている。


 ジャニス・ジョプリンは元々パールホワイトだったこのポルシェを1968年9月に購入し、ある友人に頼んでサイケデリックな絵を一面に描きカスタマイズした。1970年に薬物の過剰摂取で亡くなるまで、彼女は同愛車を乗りまわしていたという。同車は1990年代初め、細かな部分まで修復が施された。

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック