Album Review:ロバート・グラスパーが監修、Ms.ローリン・ヒルが6曲で歌唱した“ニーナ・シモン・トリビュート盤”に施された現代的解釈とは?

2015/09/16 16:30

 波瀾万丈の生涯を生き、2003年に70歳で他界したシンガーのニーナ・シモン。彼女のドキュメンタリー映画『ニーナ・シモン~魂の歌~(原題:What Happened, Miss Simone?)』が、動画配信サービスNetflixにて、公開されている。この映画と連動した企画で、コンピレーション音源『ニーナ・リビジテッド…ア・トリビュート・トゥ・ニーナ・シモン』もリリースされた(日本盤は9月16日発売)。ロバート・グラスパーが監修し、優れた統一感をもって纏められたトリビュート・アルバムとなっている。

あわせて読みたい

  • 『5月26日はなんの日?』90年代を象徴する歌姫、ローリン・ヒルの誕生日

    『5月26日はなんの日?』90年代を象徴する歌姫、ローリン・ヒルの誕生日

    Billboard JAPAN

    5/26

    『5月26日はなんの日?』ローリン・ヒルの誕生日、20周年記念ツアーは欧州へ

    『5月26日はなんの日?』ローリン・ヒルの誕生日、20周年記念ツアーは欧州へ

    Billboard JAPAN

    5/27

  • 『5月26日はなんの日?』祝デビュー20周年、ミス・ローリン・ヒルの誕生日

    『5月26日はなんの日?』祝デビュー20周年、ミス・ローリン・ヒルの誕生日

    Billboard JAPAN

    5/27

    ロバート・グラスパー・エクスペリメント、6月ジャパン・ツアーの参加メンバーが発表。新たなメンバーも。

    ロバート・グラスパー・エクスペリメント、6月ジャパン・ツアーの参加メンバーが発表。新たなメンバーも。

    Billboard JAPAN

    2/23

  • Ms.ローリン・ヒルとコモンの来日公演が9月に決定

    Ms.ローリン・ヒルとコモンの来日公演が9月に決定

    Billboard JAPAN

    6/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す