スラッシュ、アクセル・ローズとの仲が修復されたと明言

Billboard JAPAN

 長年にわたり確執のあったスラッシュとアクセル・ローズの仲が、どうやら修復されたようだ。ガンズ・アンド・ローゼズを1996年に脱退したスラッシュは先日、スウェーデンのタブロイド紙Aftonbladetのインタビューを受けた際に2人の現在の関係について語った。


 スラッシュはインタビュー映像のなかで、「知ってのとおり、かなり時間がかかった。でも今は凄くクールだ。なんと言うか……長い間あったネガティブな要素を払いのけたのさ」と話す。


 スラッシュは元バンドメイトについて自ら進んで話しているようにも思えるものの、ガンズ・アンド・ローゼズの黄金ラインナップによる再集結があるかどうかの質問には取り合わなかった。今年5月に米テレビ番組『CBS This Morning』に出演し、その可能性を問われた時には「もしやれた時には楽しいものになるだろうね」と答えていたものの、今回は同質問をスルー。「その話はやめよう。もう古いよ」と答えている。


 スラッシュは5月、「俺たちはもう何の問題も抱えていない。大きな争いもない。メディアがずっと騒ぎ立てているだけさ」と、アクセルと仲良くしていた事をほのめかしていた。

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック