北村一輝主演『猫侍 南の島へ行く』マナーCM完成「携帯電話の電源は、斬るべし!」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北村一輝主演『猫侍 南の島へ行く』マナーCM完成「携帯電話の電源は、斬るべし!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
北村一輝主演『猫侍 南の島へ行く』マナーCM完成「携帯電話の電源は、斬るべし!」

北村一輝主演『猫侍 南の島へ行く』マナーCM完成「携帯電話の電源は、斬るべし!」

 北村一輝主演、コワモテの侍と白猫が活躍する人気時代劇の第2弾『猫侍 南の島へ行く』のマナーCMが完成した。


 このマナーCMは、斑目久太郎が「『猫侍』は劇場内でマナー守らない人を許さない侍」と鋭い眼光を向け、どう喝するシーンから始まる。続くシーンでは、忍者を相手に戦いながら「携帯電話の電源は、斬るべし! 斬るべし! 斬るべし!」と吠え、南の島で釣った魚を焼くシーンでは「NO SMOKING!」と自ら突っ込みを入れている。最後に「マナーを守らない人はメッ!」となぜか赤ちゃんにも分かる言葉でマナーを呼びかけており、何とも効果的なCMとなっている。また、初公開の玉之丞の愛らしい姿もたくさん公開されている。


 2013年、ドラマの放送が始まると、強面の侍が白猫に萌えていく様が話題となり、瞬く間に人気ドラマになった『猫侍』。その後、2014年に公開された劇場版も全国62館でのスタートながら、老若男女幅広い客層を動員し、興行収入約2億1000万円を記録する大ヒット。ニューヨークで開催された北米最大の日本映画祭【第8回JAPAN CUTS~ジャパン・カッツ!】では、北村一輝が、世界を魅了する業績を残した俳優に与えられる賞「CUT ABOVE Award for Excellence in Film」を受賞し、ニューヨーカーたちがこぞって「『猫侍』サイコー」と大絶賛した。


 9月5日全国公開の『猫侍 南の島へ行く』は、主演の北村一輝、相棒の白猫・玉之丞が続投し、新たなヒロインとして映画コメンテーターとしても活躍するLiLiCo、敵役でプロレスラーの高山善廣が共演する。また、本作の特典付きの劇場前売り券が上映劇場にて発売中。特典のクリアファイルは、物語の重要なカギを握るバナナにつかまる玉之丞が登場。20,000人限定でプレゼントされる。


(C)2015「続・猫侍」製作委員会


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい