【深ヨミ】UNISON SQUARE GARDEN、結成10周年記念アルバムは昨今の活躍を表す1枚に 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

【深ヨミ】UNISON SQUARE GARDEN、結成10周年記念アルバムは昨今の活躍を表す1枚に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
 【深ヨミ】UNISON SQUARE GARDEN、結成10周年記念アルバムは昨今の活躍を表す1枚に

【深ヨミ】UNISON SQUARE GARDEN、結成10周年記念アルバムは昨今の活躍を表す1枚に

 8月3日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート “Top Albums Sales”では、UNISON SQUARE GARDENの『DUGOUT ACCIDENT』が2.7万枚を売上げ2位となった。


 『DUGOUT ACCIDENT』は、UNISON SQUARE GARDEN結成10周年の記念アルバム。シングル表題曲は収録せず、ライブでお馴染みの曲やインディーズ時代の未発表曲などをパッケージしたものだ。前述の通り『DUGOUT ACCIDENT』は発売初週で2.7万枚のセールスを上げた。SoundScan Japanのセールスデータを詳しく見てみると、高価な6500円(税抜)の完全生産限定盤が2.1万枚を売り上げており、完全生産限定盤の特典をファンが求めていることがわかる。


 2014年8月27日にリリースした前作のアルバム『Catcher In The Spy』の初週売上げを見てみると1.6万枚となっている。今作との差は1.1万枚となっており、前アルバムのリリースから約11か月の間でUSGのファンが大きく増えていると言えるだろう。今年5月にリリースした『シュガーソングとビターステップ』がヒットし、イベントやフェスなどにも積極的に参加してきたことがファン増加の大きな要因であろう。


 USGは7月24日に初となる日本武道館でのライブで約1万2500人の観客を魅了した。そして、11月からは全国ツアー【UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2015-2016「プログラムcontinued」】の開催が決定している。結成11年目に入ったUSGはこの先も快進撃を続けていくだろう。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい