『インサイド・ヘッド』と同時上映中の『南の島のラブソング』、特別映像解禁 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『インサイド・ヘッド』と同時上映中の『南の島のラブソング』、特別映像解禁

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

『インサイド・ヘッド』と同時上映中の『南の島のラブソング』、特別映像解禁

『インサイド・ヘッド』と同時上映中の『南の島のラブソング』、特別映像解禁

 ディズニー/ピクサー最新作『インサイド・ヘッド』で同時上映される短編『南の島のラブソング』の特別映像が解禁となった。


 『南の島のラブソング』は、ハワイの美しい海を舞台に、“ひとりぼっちの火山”が何百万年にもわたって奏でる、壮大かつロマンチックなミュージカル・ラブストーリー。主人公は、何百万年もにわたり噴火と浸食を繰り返し、形成された巨大な火山キャラクター、“ウク”だ。公開された映像では、愛する人と一緒になれる日をずっと願いながら歌う姿が描かれており、彼が歌うラブソングは、切なくも力強く、キャッチーなハワイアン調のメロディーが印象的だ。


 本作は、ハワイの火山の一生と、幸せをつかむべく生きる人間の姿を重ねあわせている。ジェームズ・フォード・マーフィー監督は、海底火山が何万年もの時をかけて海面に姿を現しハワイ島へ繋がることを知り、時間のスケールの壮大さに驚嘆したという。そして、1つの火山が辿る一生をまとめたいと火山情報を集めている間に、たまたま実の妹が43歳にして結婚することになった。そして、結婚式で妹の幸せそうな顔を見て、彼女が長い間この日を待ち望んでいたことに想いを巡らせているうちに「火山も人間と同じように、生涯運命の人に出会うことを夢見ていたとしたら…とひらめいたんです」と明かした。


 また、本作は歌でストーリーが全て表現されており、監督自身の手で作詞作曲された。マーフィー監督は「ラセターは、真に壮大と呼べる世界観をCGアニメーションで描くこと、文字通り巨大な火山が主人公という点で、見たことのないスケール感を達成できるのではないかという点に期待を示してくれました」と語った。短編『南の島のラブソング』は、映画『インサイド・ヘッド』とともに、同時公開中。

◎『南の島のラブソング』特別映像
https://youtu.be/yvF9ow8CXAE


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい