フー・ファイターズのステージにデイヴの骨折を手術した医師が登場 「セヴン・ネイション・アーミー」を披露 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

フー・ファイターズのステージにデイヴの骨折を手術した医師が登場 「セヴン・ネイション・アーミー」を披露

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
フー・ファイターズのステージにデイヴの骨折を手術した医師が登場 「セヴン・ネイション・アーミー」を披露

フー・ファイターズのステージにデイヴの骨折を手術した医師が登場 「セヴン・ネイション・アーミー」を披露

 フー・ファイターズのフロントマンであるデイヴ・グロールは、自分の足の手術を担当した整形外科医に対し、最も大きな形でその感謝の意を伝えた。同ロック・バンドのステージに招き、一緒にパフォーマンスを行ったのだ。


 7月19日 フェンウェイ・パーク公演に、グロールの足の手術を担当したLew C. Schon医師をステージに招き、ザ・ホワイト・ストライプスの「セヴン・ネイション・アーミー」のカバーを一緒に披露した。リード・ボーカルを務めた医師は驚きのパフォーマンスで、患者であるグロールと共に観客を沸かせた。


 先月スウェーデン公演中にグロールが足を骨折するも、フー・ファイターズは北米ツアーを鋭意続投。グロールはAP通信に対し「その間、同バンドの最良のショーのうちのいくつかを達成できた」と話している。同グループは8月12日まで北米ツアーを続け、その後は日本および韓国公演を控えている。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい