【深ヨミ】人気ゲームのキャラソン、注目アイドルの2ndSG、それぞれ特徴的なセールス傾向 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【深ヨミ】人気ゲームのキャラソン、注目アイドルの2ndSG、それぞれ特徴的なセールス傾向

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【深ヨミ】人気ゲームのキャラソン、注目アイドルの2ndSG、それぞれ特徴的なセールス傾向

【深ヨミ】人気ゲームのキャラソン、注目アイドルの2ndSG、それぞれ特徴的なセールス傾向

 7月6日付Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”の4位は、ジータ(金元寿子)、ルリア(東山奈央)、ヴィーラ(今井麻美)、マリー(長谷川明子)『キミとボクのミライ~GRANBLUE FANTASY~』。5位は、あゆみくりかまき『蜜蜜蜜』。SoundScan Japanのセールスデータを見てみると、両者のセールスにはそれぞれ特徴があることがわかる。


 『キミとボクのミライ~GRANBLUE FANTASY~』は、ソーシャルゲーム『グランブルーファンタジー』から、エイプリルフール企画として限定配信されたキャラクターソングをCD化したもの。ゲームの登場キャラクターのジータ(CV.金元寿子)、ルリア(CV.東山奈央)、ヴィーラ(CV.今井麻美)、マリー(CV.長谷川明子)が歌唱しており、それぞれのソロバージョン収録されている。『キミとボクのミライ~GRANBLUE FANTASY~』は、リリース初週に1.4万枚を売り上げた。そして、そのうちの大部分、1万枚をECで販売しており、スマホやPCでゲームしているプレイヤーがそのままCD購入に至ったと考えられる。以前に限定配信されていた楽曲がCDとなり、そのセールスが1万枚以上ということからも、『グランブルーファンタジー』の人気の高さがわかる結果となった。


 一方、『蜜蜜蜜』は、TVアニメ『パンチライン』のEDテーマで、あゆみくりかまきのメジャー2ndシングル。あゆみくりかまきは、歌うたいの“あゆみ”と、DJ の“くりか”、盛り上げ役の“まき”のアイドルユニット。tvk(テレビ神奈川)の番組『saku saku』にレギュラー出演しており、関東を中心に活動している。『蜜蜜蜜』は、リリース初週に1.27万枚を売り上げた。このうち、ほぼ店舗での販売と言っていい1.21万枚が店舗での売上げとなっている。詳細を見てみると、東京都で5900枚、神奈川県で3600枚をセールスしており、精力的に活動をしている地域でファンを確実に獲得していると言えるだろう。しかし、セールスがまったくない県もある。あゆみくりかまきが今後、いまのファンベースで活動していくのか、全国でファンを増やしていく方向なのか注目される。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい