パフ・ダディ、“息子のコーチ暴行容疑”で重罪を免れる 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

パフ・ダディ、“息子のコーチ暴行容疑”で重罪を免れる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
パフ・ダディ、“息子のコーチ暴行容疑”で重罪を免れる

パフ・ダディ、“息子のコーチ暴行容疑”で重罪を免れる

 パフ・ダディ、P・ディディ、ディディなどの名で知られるラッパーでプロデューサーのショーン・コムズが、先週、息子のカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のフットボール・コーチをダンベルで殴ったとされ重罪容疑がかけられていたが、重罪には問われないことが明らかになった。


 コムズは練習の後、UCLAのキャンパス内で凶器による3つの暴行、テロ的脅迫、殴打の容疑がかけられ逮捕された。しかし、TMZの報道によると、7月2日の法廷後、ロサンゼルス郡地区検事長はコムズに対する同訴訟を取り下げたそうだ。


 しかしながら、コムズは完全に危機を脱したわけではない。本件はどうやらロサンゼルス市検事へ付託されており、軽罪に問われる可能性があるという。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい