ブライアン・ウィルソンの半生記、日本版オリジナル予告編が解禁 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ブライアン・ウィルソンの半生記、日本版オリジナル予告編が解禁

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ブライアン・ウィルソンの半生記、日本版オリジナル予告編が解禁

ブライアン・ウィルソンの半生記、日本版オリジナル予告編が解禁

 ブライアン・ウィルソンの知られざる半生を、本人公認のもと初めて描く『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』の日本オリジナル版予告編が解禁された。

 予告編では、バンド絶頂期にあった60年代にポール・ダノ演じるブライアンが、アルバム『ペット・サウンズ』の制作に没頭する姿が具体的に捉えられている。「ビートルズに人気を奪われる」と焦りを感じた彼が、楽器演奏にこだわらず斬新なサウンドを生み出そうと奮闘する姿や、研ぎ澄まされた感覚ゆえ次第に精神的に追い込まれていく様子が分かる。そして、ブライアンが「神のみぞ知る」を歌うシーンでは、自身のバンドMookでヴォーカルを担当しているにも関わらず撮影前に入念なボイストレーニングを行ったダノが代役なしの“生歌”を披露している。そして、精神科医ユージン(ポール・ジアマッティ)の支配下に置かれていた80年代のブライアン(ジョン・キューザック)が、現在の妻であるメリンダ(エリザベス・バンクス)と出会い、彼女の愛の力で闇の中から再び光を見出していく様子を捉える。ザ・ビーチ・ボーイズの数々の名曲で彩られた映画『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』は、8月1日より全国ロードショー。


◎予告編
https://youtu.be/3sG3Ow-sbe4


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい