名フォークグループで活躍のロニー・ギルバート、老衰のため死去 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

名フォークグループで活躍のロニー・ギルバート、老衰のため死去

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
名フォークグループで活躍のロニー・ギルバート、老衰のため死去

名フォークグループで活躍のロニー・ギルバート、老衰のため死去

 1950年代に活躍したフォーク・ミュージックの4人組、ザ・ウィーヴァーズのメンバーだったロニー・ギルバートが亡くなった。88歳だった。


 彼女の長年のパートナーだったドナ・コロンズによると、ギルバートはサンフランシスコ・ベイエリアのミルバレー郊外にある老人専用住宅地にて、老衰のため亡くなったという。


 伝説的フォークシンガーのピート・シーガーをはじめ、リー・ヘイズ、フレッド・ヘラーマンと共にザ・ウィーヴァーズで活躍したギルバートは、「Goodnight Irene」や「Tzena Tzena Tzena」、「On Top of Old Smokey」、「If I Had A Hammer」、「Kisses Sweeter Than Wine」、「Wimoweh」などのヒット曲を量産し、全米におけるフォーク・リバイバル・ブームの火付け役となった。


 同グループは広く人気を集めたものの、左翼的行動が反共産主義者たちに標的にされたマッカーシー時代(共産主義者たちが社会的に追放された)にはブラックリストに載せられ、レコーディングはもちろん、テレビやラジオ出演の他、多くのコンサート会場でパフォーマンスできなくなり、最終的には解散に追い込まれた。


 その後はシンガー、舞台女優、心理学者として1人でキャリアを追求し続けたギルバート。何年にもわたり“Ronnie Gilbert: A Radical Life in Song”と称したワンマン・ショーを行っており、その回顧録がこの秋、同名タイトルで出版される。


 彼女は娘のリサと30年来のパートナー、コロンズを残し旅立った。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい