高橋優初のベストアルバム、30曲すべての曲順とジャケット公開

2015/06/08 13:00

高橋優初のベストアルバム、30曲すべての曲順とジャケット公開
高橋優初のベストアルバム、30曲すべての曲順とジャケット公開

 シンガーソングライターの高橋優がデビュー5周年を記念してリリースする自身初のベスト盤アルバム『高橋優BEST 2009-2015『笑う約束』』の収録曲30曲の曲順が決定した。

 本アルバムの収録曲のうち、29曲は高橋自らの選曲だが、本人の希望により最後の1曲はファン投票によって決定した。ダントツ1位となったのは「リーマンズロック」で、この曲はリスト内で唯一CD音源化がされていなかった為、急遽レコーディングが行われた。また、ベスト盤のジャケットも公開され、これまでジャケットにフューチャーされてきた高橋の様々な顔が、微笑を浮かべた本人の顔を模ったデザインとなっており、こちらを手掛けたプロデューサーの箭内道彦氏は「高橋の作品は表現は違えど、常に「今日より明日もっと笑っていたい」という願いを込めて作られてきたので、それぞれの作品に登場した高橋の顔を集めて今回のジャケットを作成しました」と語った。

 ベスト盤発売前の6月10日には、自身がMVの初監督を務めたシングル「明日はきっといい日になる」をリリースする。さらに、6月12日放送のテレビ朝日『ミュージックステーション』への約4年半ぶりとなる出演や、7月25日には5周年とベスト盤発売を記念して地元の秋田でフリーイベントも開催が決まっている。

◎リリース情報 ベスト盤『高橋優BEST 2009-2015 『笑う約束』』
2015/7/22/RELEASE
初回限定盤(2CD+DVD):WPZL-31039/41
4,212円(tax in.)※初回限定盤付DVD
通常盤(2CD):WPCL-12155/56
3,456円(tax in.)

DISC1
01.福笑い
02.明日はきっといい日になる    
03.BE RIGHT
04.8月6日
05.ボーリング
06.頭ん中そればっかり
07.今を駆け抜けて          
08.素晴らしき日常          
09.旅人              
10.サンドイッチ
11.同じ空の下            
12.パイオニア            
13.(Where's)THE SILENT MAJORITY?  
14.ほんとのきもち          
15.友へ

DISC2
01.未だ見ぬ星座       
02.こどものうた
03.駱駝
04.リーマンズロック(ファン投票により選曲)         
05.陽はまた昇る           
06.泣ぐ子はいねが          
07.誰もいない台所          
08.少年であれ            
09.靴紐
10.太陽と花             
11.現実という名の怪物と戦う者たち  
12.花のように            
13.誰がために鐘は鳴る        
14.卒業               
15.おかえり

◎リリース情報 シングル「明日はきっといい日になる」
2015/6/10 RELEASE
初回限定盤(CD+DVD)WPZL-30977/78
1,620円(tax in.)

あわせて読みたい

  • 高橋優 初の昼ドラ主題歌決定&ベスト盤収録曲をファンからリクエスト募集

    高橋優 初の昼ドラ主題歌決定&ベスト盤収録曲をファンからリクエスト募集

    Billboard JAPAN

    5/18

    ドリカムベスト今週は累計50万ならず、2位に初武道館大成功UNISON SQUARE GARDENの10周年記念盤

    ドリカムベスト今週は累計50万ならず、2位に初武道館大成功UNISON SQUARE GARDENの10周年記念盤

    Billboard JAPAN

    7/27

  • ドリカム、コンプリートベストALの勢い留まらず3週連続で1位!

    ドリカム、コンプリートベストALの勢い留まらず3週連続で1位!

    Billboard JAPAN

    7/29

    高橋優 “なぜ新たな命は誕生するのか?”壮大なウェディングソング「産まれた理由」MV公開

    高橋優 “なぜ新たな命は誕生するのか?”壮大なウェディングソング「産まれた理由」MV公開

    Billboard JAPAN

    6/9

  • 高橋優 京都・大阪・沖縄の披露宴にサプライズ出演! 新郎新婦の親への感謝「産まれた理由」で後押し

    高橋優 京都・大阪・沖縄の披露宴にサプライズ出演! 新郎新婦の親への感謝「産まれた理由」で後押し

    Billboard JAPAN

    6/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す