新チャート“Hot Albums” 第1回を制したのはSuperfly『WHITE』! μ'sは惜しくも2位に 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

新チャート“Hot Albums” 第1回を制したのはSuperfly『WHITE』! μ'sは惜しくも2位に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
新チャート“Hot Albums” 第1回を制したのはSuperfly『WHITE』! μ'sは惜しくも2位に

新チャート“Hot Albums” 第1回を制したのはSuperfly『WHITE』! μ'sは惜しくも2位に

 今週からスタートした新しいチャート“Hot Albums”。このチャートは、アルバムの“CDセールス”“デジタル・ダウンロード”“ルックアップ回数”の3指標を合算して作られる国内初のアルバム複合チャートだ。


 第1回発表のチャートでは、5月27日リリースのSuperfly『WHITE』が首位に輝いた。『WHITE』は、セールスではμ's『μ's Best Album Best Live! Collection II』を下回り2位になったが、圧倒的なダウンロード回数と安定したルックアップ回数でポイントを積み上げ、総合1位の座を掴んだ。なお、5月30日にこのアルバムのリリース記念として大阪城西の丸庭園で行ったフリーライブには、15,000人のファンが集まり、Superflyの人気の高さを改めて示した。


 2位となったμ's『μ's Best Album Best Live! Collection II』は、セールス部門では1位となったが、ダウンロード回数で『WHITE』に差をつけられた形だ。しかし、μ'sが登場する映画『ラブライブ!The School Idol Movie』の公開が6月13日に控えているので、来週以降のチャートアクションにも注目だ。TOP5は、3位に湘南乃風『湘南乃風~COME AGAIN~』、4位にASIAN KUNG-FU GENERATION『Wonder Future』、そして、5位にはロングヒット中の映画『ワイルド・スピード スカイミッション』オリジナル・サウンドトラックと、3~5位はセールス部門と同じ顔触れが揃った。


 また、こちらもロングセールスとなっているサザンオールスターズ『葡萄』は6位にランクイン。ルックアップでは1位になっており、引き続き多くのリスナーが『葡萄』を聞いていると推測される。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい