堂本剛 1年3か月ぶりの新アルバム『TU』がビルボードセールスチャート首位、KEYTALKも3位と健闘 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

堂本剛 1年3か月ぶりの新アルバム『TU』がビルボードセールスチャート首位、KEYTALKも3位と健闘

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
堂本剛 1年3か月ぶりの新アルバム『TU』がビルボードセールスチャート首位、KEYTALKも3位と健闘

堂本剛 1年3か月ぶりの新アルバム『TU』がビルボードセールスチャート首位、KEYTALKも3位と健闘

 6月1日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート “Top Albums”が発表され、堂本剛の最新アルバム『TU』が実売数5.6万枚の売上で1位を獲得した。


 同アルバムは、堂本剛ソロプロジェクト shamanipponの第3弾リリース。2014年発売のオリジナルアルバム『shamanippon -ロイノチノイ-』以来1年3か月ぶりのアルバムリリースとなっており、ソウルやファンク色の強いナンバーを多数取りそろえた1枚。発売初週に5.6万枚を売り上げ、見事セールスチャートを制した。 


 また、異色のコラボで話題のMAN WITH A MISSION×ゼブラヘッド『Out of Control』が2位、シーンで欠かせない存在になりつつあるKEYTALKの最新アルバム『HOT!』が3位と、ロック勢が上位にチャートイン。そしてロングセールスを記録している『「ワイルド・スピード スカイミッション」オリジナル・サウンドトラック』は先週より順位を1つ上げて4位と健闘しており、4月15日に発売された2PMのアルバム『2PM OF 2PM』のリパッケージ盤が5位にチャートインしている。




◎Billboard JAPAN週間セールスアルバムチャート “Top Albums”
(2015年6月1日付)
1位.堂本剛『TU』
2位.MAN WITH A MISSION×ゼブラヘッド『Out of Control』
3位.KEYTALK『HOT!』
4位.『「ワイルド・スピード スカイミッション」オリジナル・サウンドトラック』
5位.2PM『2PM OF 2PM』


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい