カントリー界の売れっ子セッション・ミュージシャン(88)が死去 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カントリー界の売れっ子セッション・ミュージシャン(88)が死去

Billboard JAPAN

 マール・ハガードからキャリー・アンダーウッドまで、数々のカントリー・スターと仕事をしてきた有名フィドル奏者のジョニー・ギンブルが亡くなった。88歳だった。


 娘のシンディによると、ギンブルは5月9日の朝、米テキサス州オースティン近郊のドリッピング・スプリングスにある自宅近くで亡くなったとのこと。ここ数年における複数回の脳卒中による合併症が原因だったそうだ。


 テキサス東部のタイラー近郊にある農場で育ったジョニー・ギンブルは、1949年初頭から2年間、ボブ・ウィルスのグループで過ごし、その後、マール・ハガードやウィリー・ネルソン、ジョージ・ストレイト、ドリー・パートン、ロレッタ・リンなどのカントリー界の大物と演奏する、ナッシュビルで売れっ子のセッション・ミュージシャンとなった。ギンブルはベスト・インストゥルメンタリストとしてカントリーミュージック協会賞(CMAアワード)を6度受賞している。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい