カート・コバーン 初の完全公認ドキュメンタリー映画全国公開 製作総指揮はカートの娘フランシス 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カート・コバーン 初の完全公認ドキュメンタリー映画全国公開 製作総指揮はカートの娘フランシス

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
カート・コバーン 初の完全公認ドキュメンタリー映画全国公開 製作総指揮はカートの娘フランシス

カート・コバーン 初の完全公認ドキュメンタリー映画全国公開 製作総指揮はカートの娘フランシス

 6月27日からカート・コバーン初の完全公認ドキュメンタリー映画『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』が、1週間限定で全国の映画館で公開されることが決定した。


 本作は“史上最も革新的で、カート・コバーンの全てをさらけ出したドキュメンタリー”と評されており、ロック界に変革をもたらし、1994年に他界してからもなお多くの人々に影響を与え続けているニルヴァーナのフロントマン、カート・コバーンにかつてない手法で迫ったドキュメンタリーだ。監督・脚本を務めたのは、『On the Ropes(原題)』でアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされたブレット・モーゲン、さらに製作総指揮をカート・コバーンの娘 フランシス・ビーン・コバーンが務めている。


 8年ほど前から本作の準備を進めていたブレット・モーゲン監督は、カート・コバーンの家族から全面協力を得て、200時間を超える未発表楽曲と未公開映像、日記、油絵や彫刻などのアート作品、写真等のカート・コバーンの私的なアーカイブを自由に閲覧する権利を与えられた。さらにカート・コバーンの家族や、バンドメンバーで友人のクリス・ノヴォセリック、カート・コバーンの妻 コートニー・ラヴなどこれまで口を閉ざしてきた近親者のインタビューも収録し、今日に至るまで偶像視されてきたカート・コバーンという人物のパーソナルな部分を如実に描き出している。


 唯一無二のカリスマ性と才能を持ちながら、誰よりも繊細だったカート・コバーンというアーティストを幼少期から追い、不可能と思われる程の距離で彼の生涯に迫った本作。むき出しで、正直で、全てをさらけ出してもなおひるまない、カート・コバーン決定版ともいえる作品が遂に公開される。


 なお、劇場公開時には、前例のない方法で本作を制作するに至ったブレッド・モーゲン監督の独占インタビュー映像も上映される。




◎映画『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』
2015年06月27日(土)~1週間限定全国ロードショー
料金:全国共通前売鑑賞券2,000円(税込)劇場販売2,200円(税込)
チケット:全国共通前売鑑賞券 05月15日(金)12:00~06月26日(金)23:59
http://eplus.jp/cobain/


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい