マムフォード&サンズ、新作3rdアルバムがいよいよ5/6リリース くるり岸田も「高揚感と言う名の花が満開」と絶賛 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

マムフォード&サンズ、新作3rdアルバムがいよいよ5/6リリース くるり岸田も「高揚感と言う名の花が満開」と絶賛

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
マムフォード&サンズ、新作3rdアルバムがいよいよ5/6リリース くるり岸田も「高揚感と言う名の花が満開」と絶賛

マムフォード&サンズ、新作3rdアルバムがいよいよ5/6リリース くるり岸田も「高揚感と言う名の花が満開」と絶賛

 アコースティック・ギターとバンジョーを基調としたサウンドで人気のバンド、マムフォード&サンズが通算3作目のアルバム『ワイルダー・マインド』を5月6日にリリースする。


 マムフォード&サンズは2007年に結成。2012年の2枚目のアルバム『バベル』が米英で1位を獲得、2013年のグラミー賞でも【最優秀アルバム賞】を受賞するなど名実ともに成功をおさめた。その後、待望の初来日も果たしている。


 中心メンバーのマーカス・マムフォードは新作について「バンドが休養に入ったときは、みんな、次はアコースティックの楽器は入れないだろうなっていうことはわかってた。『アコースティックはやめにしよう』っていう話をしたわけじゃない。でも、がらりと変えたいっていうのは四人とも望んでいたと思う。曲作りが極端に変わってはいないよ。ただ、同じことはやりたくないっていう願望があったからこうなったんだ。」と語っている。


 そんな彼らの新作について、バンドの長年のファンでもある、くるりの岸田繁は「突然春が訪れたような、そのデビューから追いかけているバンドだから、ずっと僕はその世界の中で生きているようなもんだ。最新作にして、季節が一巡してしまったかのようなセンチメントと、幾分かのメランコリーを憶えるんだけれども、元々風変わりなサウンドだったこのバンドが、中学生に進学してロックを始めたかのような高揚感が今作のポイント。高揚感と言う名の花が満開だ。うんちくは垂れたくない。最高だ。全面支持。」と絶賛を寄せている。


 なお、マムフォード&サンズは新作発売後、世界各地のフェスに出演。さらに、自ら主催するフェスティヴァル・ツアー【2015 Gentlemen of the Road Stopovers】も開催を予定している。


◎リリース情報
『ワイルダー・マインド(WILDER MIND)』
2015/05/06 RELEASE
UICI-1138 2,450円(tax out.)


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい