『血界戦線』BUMPがアニメチャートも首位で貫禄のダブル1位を獲得 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『血界戦線』BUMPがアニメチャートも首位で貫禄のダブル1位を獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『血界戦線』BUMPがアニメチャートも首位で貫禄のダブル1位を獲得

『血界戦線』BUMPがアニメチャートも首位で貫禄のダブル1位を獲得

 今週のアニメチャートも、発売初週/初登場の曲によって多くが占められた。特に映画系主題歌の活躍が目立った前週に比べると、TVアニメ系主題歌の活躍が印象的な週となった。


 そんな中、初登場にして圧倒的な首位となったのが、アニメ『血界戦線』主題歌でもあるBUMP OF CHICKENの「Hello,world!」。エアプレイ、セールス、ルックアップの3指標で2位以下に大差をつけ、総合チャート Hot100とともにダブル1位となった。バンド自身のテレビ等での露出はやや控えめながら、いまや国民的なバンドになった彼らの人気を改めて実感する形に。このヒットソングに牽引され、アニメ作品の方も更なるブレイクとなるか引き続き注目だ。


 2位は、2週連続のランクインとなったアニメ『魔法少女リリカルなのはViVid』主題歌、水樹奈々の「Angel Blossom」。こちらはセールスが堅調だったのに加えて、Twitterポイントがアニメチャート中1位と、ネットユーザーを中心とした支持の高さが伺える結果に。エアプレイもアニメチャート中4位と好調で、今後セールス以外の指標をどれだけ保って行けるかが、ロングヒットへのポイントになる。


 3位は、こちらも初登場で、μ's「ミはμ'sicのミ」。同曲は雑誌『電撃G's magazine』で連載中の企画<ラブライブ!みんなで作るμ'sの歌>から誕生したコラボシングルで、同誌で募集した読者の意見を元に作られた一曲となる。作詞は畑亜貴、作編曲は高田暁。セールスが堅調だったのに加えてデジタルセールスも好調で、2位の水樹奈々と僅差の3位となった。


 その他、4位 藍井エイル「ラピスラズリ」、6位 new generations「できたてEvo!Revo!Generation!」、8位 一十木音也(寺島拓篤)、四ノ宮那月(谷山紀章)「EMOTIONAL LIFE」などを含む計10曲が今週チャート初登場となった。


 また、チャート残留組で注目したいのが、またもや接戦を演じた『コナン』ポルノグラフィティと『クレしん』ゆず対決。今週はデジタルセールスでポルノグラフィティがゆずを大きく突き放し、それぞれ5位と7位という結果に。映画本体も、いずれも公開2週目にして『コナン』が『クレしん』を上回る動員数となっていると伝えられており、映画の成績がチャートに跳ね返った結果と言えそうだ。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい