三池崇史監督『極道大戦争』がカンヌ正式出品決定! 主演の市原隼人いわく「職人という言葉が似合う風が吹いていました」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

三池崇史監督『極道大戦争』がカンヌ正式出品決定! 主演の市原隼人いわく「職人という言葉が似合う風が吹いていました」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
三池崇史監督『極道大戦争』がカンヌ正式出品決定! 主演の市原隼人いわく「職人という言葉が似合う風が吹いていました」

三池崇史監督『極道大戦争』がカンヌ正式出品決定! 主演の市原隼人いわく「職人という言葉が似合う風が吹いていました」

 三池崇史監督の最新作『極道大戦争』が【第68回カンヌ国際映画祭】の監督週間へ正式招待され、スペシャルスクリーニング上映されることが明らかになった。


 三池の作品が【カンヌ】に出品されるのは『藁の盾』以来2年ぶり。監督週間への招待は『極道恐怖大劇場 牛頭』以来の12年ぶりとなる。


 今回の選出について三池は「監督週間は、映画を楽しもうと思って集まってくれる方々の生の反応を感じることができるので、自分の作品を全く違う視点で見ることができる良い機会」「格式だけを大事にするのではなくて“面白いんじゃない?”と作品を発掘している感じがして、やっぱり選ばれたのは居心地が良いですよ」と喜びのコメントを語る一方、「世界中の映画の中から、この『極道大戦争』を選んだカンヌに“良い度胸してるな”と敬意を込めて言いたい。ただ、彼ら(カンヌの選出者)にとって、見るべき価値のある作品として選んでくれたことは嬉しいけど、選んだのは彼らなので、観客がどう思っても、俺の責任じゃないから(笑)」と冗談交じりで自信を覗かせた。


 一方、同映画の主演をつとめた市原隼人は「三池監督の現場は、毎日が輝き新鮮で職人という言葉が似合う風が吹いていました。撮影中現場に行く事が毎日本当に楽しみでした。今回フランスのカンヌで上映されるということで、多くの皆様にこの作品を可愛がって頂ける事を願っております」と作品に関わった感想と今後への意気込みを語っている。


◎公開情報『極道大戦争』
2015年6月20日(土)TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー
(C)2015「極道大戦争」製作委員会


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい