『水曜歌謡祭』第1回目は36組56名の豪華出演者が32曲熱唱、新曲披露なしの歌番組はどのように評価されるか?

2015/04/16 11:35

 フジテレビ約21年ぶりの生放送レギュラー音楽番組『水曜歌謡祭』の第1回目が4月15日にオンエア。初回は2時間スペシャルとなり、36組56名のアーティストが“春うた”をテーマに32曲熱唱した。

 オープニングは、和田アキ子が森高千里のヒット曲「私がオバさんになっても」をAKB48のメンバーと共に披露。記念すべき番組初回放送の1曲目を飾った。トップバッターを務めた和田は「失神しそうです!」と緊張し、オンエア前から生演奏で参加するバンドメンバーに励まされていたことを明かした。

あわせて読みたい

  • フジテレビ『水曜歌謡祭』2回目がオンエア、小室哲哉が「僕を終わらせた」と嫉妬を明かした90年代の名曲とは?

    フジテレビ『水曜歌謡祭』2回目がオンエア、小室哲哉が「僕を終わらせた」と嫉妬を明かした90年代の名曲とは?

    Billboard JAPAN

    4/23

    『水曜歌謡祭』2HSPがオンエア、中川翔子大興奮のアニソンメドレーや、明菜メドレーでは三浦大知とNEWS増田が互いを賞賛

    『水曜歌謡祭』2HSPがオンエア、中川翔子大興奮のアニソンメドレーや、明菜メドレーでは三浦大知とNEWS増田が互いを賞賛

    Billboard JAPAN

    5/7

  • 『水曜歌謡祭』郷ひろみが生放送で16分20曲ノンストップメドレー、石井竜也が選ぶリスペクトアーティストとつんく♂への感謝の思い

    『水曜歌謡祭』郷ひろみが生放送で16分20曲ノンストップメドレー、石井竜也が選ぶリスペクトアーティストとつんく♂への感謝の思い

    Billboard JAPAN

    5/21

    『水曜歌謡祭』ひと味違った“アルフィー・ステージ”、井上陽水「ありがとう」を増田貴久×クマムシの異色コンビ、名曲「少年時代」は秦 基博がカヴァー

    『水曜歌謡祭』ひと味違った“アルフィー・ステージ”、井上陽水「ありがとう」を増田貴久×クマムシの異色コンビ、名曲「少年時代」は秦 基博がカヴァー

    Billboard JAPAN

    5/28

  • 『水曜歌謡祭』今陽子&ジュディ・オングが大ヒット曲披露、三代目JSBがSPメドレー&バースデーサプライズ、豪華出演者による「千の風になって」で最終回に相応しいフィナーレ

    『水曜歌謡祭』今陽子&ジュディ・オングが大ヒット曲披露、三代目JSBがSPメドレー&バースデーサプライズ、豪華出演者による「千の風になって」で最終回に相応しいフィナーレ

    Billboard JAPAN

    9/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す