スチャダラパー ソニーミュージック在籍時音源が遂に配信スタート 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

スチャダラパー ソニーミュージック在籍時音源が遂に配信スタート

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
スチャダラパー ソニーミュージック在籍時音源が遂に配信スタート

スチャダラパー ソニーミュージック在籍時音源が遂に配信スタート

 2015年にデビュー25周年を迎え、1月には通算12枚目となるアルバムをリリースした日本語ラップ界のレジェンド スチャダラパー。ソニーミュージック在籍時の音源がiTunes、レコチョク他で4月1日より遂に配信スタートとなった。


 今回配信となるのは、1991年~1995年に発売されたオリジナルアルバム3枚と企画アルバム2枚の合計5タイトル、63曲。メジャーデビューアルバムであり、通算2作目の『タワーリングナンセンス』、初期の傑作と評価の高い3rdアルバム『Wild Fancy Alliance』、スマッシュヒットを記録した小沢健二とのコラボレーション「今夜はブギー・バック」、ポンキッキーズのジングルやCM曲として誰もが耳にした東京スカパラダイスオーケストラ&lbとのコラボレーション「GET UP AND DANCE」収録のコラボレーションミニアルバム『スチャダラ外伝』。


 この3枚のオリジナルアルバムに加え、シングル集となる『ポテン・ヒッツ~シングル・コレクション』、内外の豪華アーティストが参加した全曲リミックスの企画アルバム『サイクル・ヒッツ~リミックス・ベスト・コレクション~』を加えた5作が一挙配信。なお、今回配信される音源は、2010年に通販限定BOXで発売された際、Brian“Big Bass”Gardner(Bernie Grundman Mastering、LA)によってリマスタリングされたバージョンとなっている。


 日本語ラップをお茶の間にまで届けつつ、独自のスタンスで精力的に活動。話題にことかかないスチャダラパーの、まったく古さを感じさせない初期の名作を改めて聴いてみてほしい。なお、【華麗なるワンツー】と題した25周年記念ライブが4月5日にユニバース(大阪)、4月11日には日比谷野外大音楽堂(東京)にて開催される。


◎配信アルバム
『タワーリングナンセンス』 1991年10月10日発売
『WILD FANCY ALLIANCE』1993年2月21日発売
『スチャダラ外伝』1994年4月1日発売
【企画アルバム】
『ポテン・ヒッツ~シングル・コレクション』1994年10月21日発売
『サイクル・ヒッツ~リミックス・ベスト・コレクション~』 1995年12月1日発売


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい