著作権侵害の評決を受け、ファレルがエンタメ業界に警笛

2015/03/20 16:48

 ロサンゼルス陪審は今月初め、ファレル・ウィリアムスとロビン・シックがヒット曲「ブラード・ラインズ~今夜はヘイ・ヘイ・ヘイ feat. T.I. & ファレル」でマーヴィン・ゲイの曲「Got to Give It Up」を盗用しているとの評決を下したが、ファレルは未だ“自身の曲はオリジナルだ”という姿勢を貫いている。評決が下されてから初めてとなるインタビューにて、ファレルが自身の考えを語った。

あわせて読みたい

  • ファレル&ロビン・シックが著作権侵害裁判で敗訴 故マーヴィン・ゲイの遺族に約5.6億円の支払いを命じる判決

    ファレル&ロビン・シックが著作権侵害裁判で敗訴 故マーヴィン・ゲイの遺族に約5.6億円の支払いを命じる判決

    Billboard JAPAN

    12/14

    ファレル・ウィリアムスとロビン・シック、著作権侵害訴訟の再審理を請求

    ファレル・ウィリアムスとロビン・シック、著作権侵害訴訟の再審理を請求

    Billboard JAPAN

    4/13

  • 賠償金9億円“ブラード・ラインズ評決”の余波、T.I.にも広がる

    賠償金9億円“ブラード・ラインズ評決”の余波、T.I.にも広がる

    Billboard JAPAN

    3/23

    グウェン・ステファニー&ファレルの共作曲、著作権侵害で訴えられる

    グウェン・ステファニー&ファレルの共作曲、著作権侵害で訴えられる

    Billboard JAPAN

    1/16

  • 宇多田ヒカルも気をもむ? JASRAC vs.音楽教室

    宇多田ヒカルも気をもむ? JASRAC vs.音楽教室

    週刊朝日

    2/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す