殺人事件担当の弁護士を解雇したシュグ・ナイト また病院へ搬送される 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

殺人事件担当の弁護士を解雇したシュグ・ナイト また病院へ搬送される

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
殺人事件担当の弁護士を解雇したシュグ・ナイト また病院へ搬送される

殺人事件担当の弁護士を解雇したシュグ・ナイト また病院へ搬送される

 元ラップ界の大物シュグ・ナイトが、殺人事件の裁判を担当していた弁護士を解雇し、その後再び病院へ搬送された。


 3月2日にロサンゼルスの裁判所へ出廷したナイトは裁判官に対し、自身が失明しつつあるものの、拘留中では不十分な治療しか受けられないことを弁明。ナイトは1月下旬に、口論の最中運転していたトラックで2人の男を轢き、うち1人を死亡させた責任を問われているが、殺人、殺人未遂、および轢き逃げについて無罪を主張している


 上位裁判所裁判官、ジェームス・ブランドリンは、本裁判を新たな裁判官に移管。裁判官となったロナルド・S.コーエンによれば、裁判が始まる前にナイトは病院に運ばれたとのことだ。ナイトが法廷から病院へ運ばれたのはこれで3度目となる。


 それ以前にナイトは、健康状態についての不満を詳述し、ブランドリンにデヴィッド・ケナーの弁護士事務所を解雇したことを伝えた。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい