シュグ・ナイト 逃亡する危険性があると見なされ保釈取り消し

Billboard JAPAN

 現地時間1月30日に、ひき逃げ死亡事件で逮捕されたシュグ・ナイトの保釈が取り消しとなった事が明らかになった。


 1月29日に、俳優のテリー・カーター(55)をバックでひいたとされ逮捕。同俳優はこの事故で死亡し、さらにクレ・スローン(51)にも衝突したと報道されており、スローンは命に別状は無いが怪我を負っている。


 保釈取り消しに関して保安官事務局のスポークスウーマンによれば、デス・ロウ・レコードの共同設立者であるナイトは逃亡の危険性に加え、目撃者の脅迫と過去の犯罪歴が考慮されたと伝えた。過去の犯罪歴によってナイトは三振即アウト候補者。つまり、既に2件以上の凶悪犯罪および重罪判決を受けている彼は、より重い刑になる可能性がある。


 ナイトの弁護士事務局、ジェームス・ブラットは、ナイトの保釈取り消しを認め、詳しく調べていると話していた。なお、保釈金は220万ドル(約2億5800万円)だった。初出廷は現地火曜日に予定されている。

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック