次のディズニー映画『McFarland, USA』で、フアネスの新曲を起用 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

次のディズニー映画『McFarland, USA』で、フアネスの新曲を起用

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
次のディズニー映画『McFarland, USA』で、フアネスの新曲を起用

次のディズニー映画『McFarland, USA』で、フアネスの新曲を起用

 今度のディズニー映画『McFarland, USA』のエンドクレジットにて、コロンビアのスターであるフアネスの新曲がフィーチャーされることが明らかになった。ニキ・カーロによる監督、ケビン・コスナーとマリア・ベロ出演の同映画のために、フアネスは“一緒に”を意味する「Juntos」というタイトルの曲を書き下している。


 来年2月に全米公開予定の同映画は、カリフォルニア州マクファーランドにあるラテン系高校のクロスカントリー・チームが、1980年代における様々な社会問題を通して、メジャー選手権で勝利するために指導を受けたという実話を描いている。主演を務めるコスナーは、そのコーチ役を演じる。


 なお、「Juntos」のミュージック・ビデオもカーロ監督により、マクファーランドで撮影されているという。


 フアネスは声明にて、「この映画を観るとチームワークの力や粘り強さ、そして信念について改めて考えさせられる。“McFarland, USA”のチームに参加できて本当に光栄です」と述べている。


 フアネスの最新アルバム『Loco de Amor』は、グラミー賞・最優秀ラテン・ポップ・アルバム部門にノミネートされている。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい