ポール・マッカートニー、無報酬で書き下した話題の新曲MV公開

Billboard JAPAN

 ポール・マッカートニーがシューティングゲーム『Destiny』のために曲を書くことは以前から話題となっていたが、同新曲「Hope for the Future」のミュージック・ビデオが公開された。


 同映像では、『スター・ウォーズ』のレイア姫のようにホログラム化したマッカートニーが、“seen”や“been”で韻を踏みつつ、青と緑のエイリアンたちに空への架け橋を築くことについて歌いかける。その背後には、兵士たちが銃を持って砂漠を歩いたり、宇宙船が不毛地帯の上空を飛ぶなど、SF世界の景色が広がっている。


 なお、最も注目すべき点は、単に“創造性のため”だけに参加したというマッカートニーが今回のプロジェクトで無報酬だと伝えられていることだ。同ビデオを観たらおそらく、50年前にマッカートニーが昔のバンドで歌った曲“テル・ミー・ホワイ”と本人に訊ねてみたくなるだろう。




◎Paul McCartney - Hope For The Future
https://www.youtube.com/watch?v=163_C5UVU-I

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック