“最も影響力のない有名人2014”にボノ&U2、ロビン・シックがランクイン 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“最も影響力のない有名人2014”にボノ&U2、ロビン・シックがランクイン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
“最も影響力のない有名人2014”にボノ&U2、ロビン・シックがランクイン

“最も影響力のない有名人2014”にボノ&U2、ロビン・シックがランクイン

 ボノが今月初めに起きた自転車事故から快方に向かっているなか、彼と彼のバンドU2が雑誌『GQ』による“最も影響力のない有名人2014”の首位に挙げられた。


 ご想像通り、同誌は彼らがAppleと結託してニューアルバム『ソングス・オブ・イノセンス』を全ての人のiTunesライブラリーに一方的に無料で投入したことに切り込んでいる。『GQ』誌は、「このやり方で最悪だったところは、AppleとU2がともに、人々へあたかも大そうな贈り物をしたかのような扱いだったことだ。実際これは1億ドル(約117億円)のマーケティング・キャンペーンであった」としており、さらには「そう、U2による社会意識の高い大人のロックを1通のダイレクトメールに変えるために、実に1億ドルが費やされたのだ」と続けている。


 ボノのすぐ後ろにつけているのはこれまた面白い名前、バラク・オバマだ。現役の米国大統領である彼は今月、中間選挙で苦しみ、民主党を傷めつける結果となった。同誌は、「アメリカ疾病対策センターはエボラ患者に手をこまねいている。U2はみんなに粗悪な曲を押し付けている……それでも大統領?」と問いかけている。


 また、これ以上悪い年はないであろうシンガーのロビン・シックが25位にランクイン。妻に逃げられ焦って出したものの、“戻って来てアルバム”が受け入れられず、実際にヨリを戻すことも出来なかった。『GQ』誌には、「この安っぽい人物の残りのキャリアは、“ブラード・ラインズ ~今夜はヘイ・ヘイ・ヘイ”をポピュラーにした事に対する我々の処罰となる。さぁみんな、この男と離別しよう」と綴られている。


 同誌による“最も影響力のない有名人”リストには他に、NBAのロサンゼルス・クリッパーズの元オーナー(で人種差別主義者!)のドナルド・スターリングをはじめ、米テレビ番組『ママと恋に落ちるまで(How I Met Your Mother)』のエンディングをめちゃくちゃにした脚本家たち、シンズが大好きな俳優ザック・ブラフ、CNN、紙袋をかぶってプレミアに出席した俳優シャイア・ラブーフなどの名前がある。




◎GQによる“最も影響力のない有名人2014”リスト
http://www.gq.com/entertainment/celebrities/201412/least-influential-people-2014


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい