訪中のオバマ、S・ワンダーやM・ストリープらへ大統領自由勲章授与を発表

Billboard JAPAN

 バラク・オバマ米大統領がスティーヴィー・ワンダーやメリル・ストリープなど19人に対し、大統領自由勲章を授与することを発表した。

 アメリカで民間人に授与される最も栄誉ある同勲章は、安全保障、世界平和、文化的功績への貢献に対し名誉を与えるもの。2人をはじめとする受章者たちは11月24日にホワイトハウスで行われるセレモニーで授与される。

 ミュージカル作曲家のスティーヴン・ソンドハイム、報道番組『NBCナイトリーニュース』の元総合司会者、トム・ブロコウも受章者として名を連ね、また1989年に死去した振付師のアルビン・エイリーは死後受章となる。

 その他の受章者は、作家のイサベル・アジェンデ、科学者のミルドレッド・ドレッセルハウス、ゴルファーのチャーリー・シフォード、経済学者のロバート・ソロー、女優のマーロ・トーマスなどだ。

 中国を訪問中の11月11日に受章者を発表したオバマ大統領は、彼らはアメリカの歴史において新たな章を綴るのに一役買ったと話している。

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック