息子は死産だった……リリー・アレン、TV番組で感動的なインタビュー 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

息子は死産だった……リリー・アレン、TV番組で感動的なインタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
息子は死産だった……リリー・アレン、TV番組で感動的なインタビュー

息子は死産だった……リリー・アレン、TV番組で感動的なインタビュー

 リリー・アレンが、11月8日に放送されたイギリスのトーク番組『ジョナサン・ロス・ショー』での感動的なインタビューのなかで、2010年に産んだ息子が死産だったことを打ち明けた。


 同シンガーは司会者のジョナサン・ロスに対し、「どんな世界に住んでいようが、それは誰にとっても大変なことだと思うの」と語った。


 悲惨な経験をしたアレンは、夫のサム・クーパーに支えられたという。「その経験から、たとえそれが人に起こりうる最も不幸な出来事だったとしても、一緒に家に帰り、それを共有する愛情溢れるパートナーがいることがとても幸せであることに気付いたわ」と話した彼女は、英国では1日に17人が死産児であることについても触れた。


 アレンには現在2人の娘がいる。2012年の11月にエセル・マリー、2013年の1月にマーニー・ローズを出産した29歳の彼女は、「男の子も好き。また女の子でも良いわ。オーグジリアリ・ジェーンかピザって呼ぼうかしら」と3人目の子供について話し、「子どもをピザって呼んだりするのが好きなの。メーガン・ロルツなんかもイイわね」と続けた。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい