米著作権使用料の分配額が過去最高に。ネット・ラジオ等が急成長

2014/11/07 16:37

 楽曲の著作権使用料を徴収するアメリカの公的機関SoundExchange(サウンドエクスチェンジ)が、第3四半期において前年の同期を74%上回る2億6,700万ドル(約306億円)を分配する記録を打ち立てた。第2四半期の1億6,100万ドル(約184億円)からは39.7%増。受取人であるレコード・レーベルやアーティストの数は21%増えたという。

あわせて読みたい

  • シンディ・ローパーらが公開状、米音楽界で争点の法改定をPR

    シンディ・ローパーらが公開状、米音楽界で争点の法改定をPR

    Billboard JAPAN

    5/30

    インターネットラジオ“Pandora”が記録的収益。その理由とは

    インターネットラジオ“Pandora”が記録的収益。その理由とは

    Billboard JAPAN

    11/25

  • デジタル音楽の利用増加により、著作権料の徴収団体SoundExchange好調

    デジタル音楽の利用増加により、著作権料の徴収団体SoundExchange好調

    Billboard JAPAN

    10/8

    1972年以前の曲の著作権使用料、約100億円でPandora合意か

    1972年以前の曲の著作権使用料、約100億円でPandora合意か

    Billboard JAPAN

    10/16

  • マイケル・ジャクソンの死後、クインシー・ジョーンズが約20億円の印税を受け取っていたことが明らかに

    マイケル・ジャクソンの死後、クインシー・ジョーンズが約20億円の印税を受け取っていたことが明らかに

    Billboard JAPAN

    7/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す