ケリー・クラークソン、テイラー・スウィフトのソウルフルなカバーが話題に

Billboard JAPAN

 先日、サム・スミスの「ステイ・ウィズ・ミー~そばにいて欲しい」をカバーし話題となったケリー・クラークソンだが、あれから一週間も経たないうちに今度はテイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」のソウルフルなカバーを披露し、またまた注目を集めている。(Kelly Clarkson “Shake it Off” Taylor Swift cover Buffalo 10/25/14)


 人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』出身であり、最近母親になったばかりの彼女は、10月25日のニューヨーク州バッファローでのコンサートにて、同曲をゴスペル風アレンジも交えてカバーした。ちょうどその2日後は、同曲が収録されたスウィフトのニューアルバム『1989』が全米リリースされる日だ。


 クラークソンは同曲を披露する前に、「これは教会の歌。ソウルフルな曲よ。今のお気に入りの一曲なの」と紹介している。


 なお、クラークソンがカバーしたことを聞きつけたスウィフトは、その直後ツイッターにてコメントを投稿。「ケリー・クラークソンの“Shake It Off”をみて! 『1989』のリリースまで26時間をお祝いするのに最高よ!!!!!」と綴っている。

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック