ディズニーが10年以上ぶりにサントラのカセットテープ版発売へ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ディズニーが10年以上ぶりにサントラのカセットテープ版発売へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

 映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のサウンドトラック『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:最強 Mix Vol. 1(Guardians of the Galaxy: Awesome Mix Vol.1)』が、11月28日にカセットテープで全米リリースされることが明らかになった。同作は既に、CD、デジタル・ダウンロード、LPにてリリースされている。


 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は10月19日までに3億2,800万ドル(約350億円)の興行収入を得ており、アメリカとカナダで今年最も成功している映画だ(Box Office Mojo調べ)。この大ヒット映画のなかで、同アルバムの曲は重要な部分で流れる。劇中の主人公は亡き母の形見であるウォークマンを持ち歩き、中に入ったミックステープにそれらの曲が入っているのだ。同楽曲群は映画全編を通して聴かれ、テープそのものがストーリーの中で大きな役割を担っている。


 ディズニー・ミュージック・グループの一部門、マーベル・ミュージック/ハリウッド・レコーズからリリースされる限定版カセット『ガーディアンズ~』は、独立資本のレコードショップが提携する“RECORD STORE DAY”にて12月31日まで独占販売される。購入すると同アルバムのデジタル・ダウンロード版も入手できるそうだ。ディズニーが音楽カセットテープをリリースするのは、2003年以来とのこと。同社は発行本数を公表していない。


 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のサウンドトラックは、今年初旬に米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で2週にわたりNo.1を獲得。54万3,000枚を売り上げ、2014年のアルバム・セールス・ランキング第10位となっている(ニールセン・サウンドスキャン調べ)。
 
 なお、同カセット版のリリースに続き、12月9日には映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のDVDとブルーレイが全米で発売される。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい