AC/DC、新作からシングル&収録曲と共に“3Dアートワーク”を公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

AC/DC、新作からシングル&収録曲と共に“3Dアートワーク”を公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
AC/DC、新作からシングル&収録曲と共に“3Dアートワーク”を公開

AC/DC、新作からシングル&収録曲と共に“3Dアートワーク”を公開

 6年ぶりとなるニューアルバム『ロック・オア・バスト』をリリースするAC/DCが、同作からのニューシングル「プレイボール」を公開(AC/DC - Play Ball)すると共に、収録曲リストを発表した。待望の新作はオーストラリアでは11月28日、北米では12月2日、日本では3日に発売される予定だ。


 「プレイボール」は先日、全米で放映された【2014 メジャー・リーグ・ベースボール・ポストシーズン】のCMにて一部分が公開されていた。


 プロデューサーにブレンダン・オブライエン、ミキサーにマイク・フレイザーを迎え、今年初めにカナダのバンクーバーでレコーディングされた『ロック・オア・バスト』は、世界で800万枚近く売り上げ、31の国でNo.1に初登場(Sony Music調べ)した2008年の前作『悪魔の氷(Black Ice)』以来となる新作だ。


 また、バンドは“3次元レンズ状カバー”と称すアルバムのアートワークも公式サイトにて公開。CDとレコード盤に付けられる予定だ。


 ロックの殿堂入りを果たしている彼らにとって、『ロック・オア・バスト』は新しい時代の幕開けとなる。同作からは病気のためにバンドを離れたリズム・ギタリスト、マルコム・ヤングの参加がないのだ。


 スクールボーイの衣装でお馴染みのギターヒーローであり、マルコムの弟であるアンガス・ヤングは、甥であるスティーヴィー・ヤングと共にギターのレコーディングを行なっている。フロントマンのブライアン・ジョンソンがクラシック・ロック・マガジンに語ったところでは、スタジオでの彼は“素晴らしかった”そうだ。スティーヴィーは2015年の大規模ツアーにも参加すると思われる。


 AC/DCはオーストラリアで最もビッグなロック・バンドで、40年以上にも及ぶその活動期間においては2億枚を超えるアルバム・トータル・セールスを記録している。




◎『Rock Or Bust』
2014/12/3 Release
収録曲:
1. Rock or Bust
2. Play Ball
3. Rock The Blues Away
4. Miss Adventure
5. Dogs of War
6. Got Some Rock & Roll Thunder
7. Hard Times
8. Baptism By Fire
9. Rock the House
10. Sweet Candy
11. Emission Control


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい