“死亡偽装”が噂されていたティム・ドッグ、死亡証明書が見つかる 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“死亡偽装”が噂されていたティム・ドッグ、死亡証明書が見つかる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

 昨年、まるで映画の物語のような噂がたったラッパーのティム・ドッグだが、亡くなっていることが確認された。彼は2013年2月に死亡していたと報じられたものの、この事実を裏付ける確固たる証拠がなく、自身の死を偽装したのではないかという噂が流れた。彼は詐欺計画に関与したとして2011年に有罪判決が下り、裁判所から被害者に1万9,000ドル(約204万円)の支払いを命じられたところに生まれた死亡偽装疑惑であった。


 NBCニュースによる慎重な調査により、ティム・ドッグはアトランタの病院で治療を受けた後、病院を出ていることが判明。同地域の葬儀屋の記録を調べたNBCは、ジョージア州ディカーブ郡にて同ラッパーの死亡証明書を発見したという。そもそも、死亡証明書は人が亡くなった郡へ提出されるため、発見に困難を極めたのだ。これまでティム・ドッグの所在が分かっておらず、彼が亡くなったことが証明されていなかった。


 1990年代と2000年代に断続的に作品をリリースしていたティム・ドッグは、90年代初期に起きた東海岸と西海岸のヒップホップ抗争に火をつけた一員として、最も良く知られていた。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい