完全復活果たした“滴草由実”の衝撃 飽和状態の音楽シーンに響く美声 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

完全復活果たした“滴草由実”の衝撃 飽和状態の音楽シーンに響く美声

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
完全復活果たした“滴草由実”の衝撃 飽和状態の音楽シーンに響く美声

完全復活果たした“滴草由実”の衝撃 飽和状態の音楽シーンに響く美声

 一度は歌声を失うも(http://bit.ly/1hdQGNT)昨年12月に4年ぶりの新アルバムで完全復活を果たした滴草由実。歌手活動11周年目に突入した彼女が、自身の10年間を総括するワンマンライブ【#10 story LIVE ~Yumi Shiszukusa~】を開催した。


 「今の音楽シーンで誰もやっていないことをやりたい」「どうせ作るなら無難な“普通の良い曲”より“今、無いもの”を作りたい」これは復活後の滴草由実による言葉だが、言うならば10年間の集大成であり、ベストアルバム的な意味合いの強い同公演においても、彼女はそれを体現。歌声も演奏もアレンジもまるで映画のように鳴り響く、昨今のシーンではなかなかお耳にかかれない鮮麗さを誇っている為、往年のナンバーも新曲も“新しい音楽”として10年来のファンたちを楽しませていた。


 この日の彼女は「自分が救われたのは、ファンの存在があったからこそ」と語ったり、再会(再開)感があると口にしていたけれど、それはおそらく会場に集まった誰もが感じていたもので、復活後最も美しくエモーショナルに響き渡る歌声の衝撃。それは観客を改めて滴草由実のファンにするのに十二分の内容であり、この声と音楽が飽和状態の音楽シーンにどれだけの刺激を与えるのか。期待させるにも十二分の内容であった。


 「枠っていうのは、もう要らない。もっとワクワクするもの」「あんまり型に捕らわれず、でもどんな歌をうたっても「滴草由実だな」みたいな存在になれたらなって。」それを言葉だけでなく、しっかりと歌声と音楽で体感させてくれた滴草由実。今後の活動にもぜひ注目してほしい。


取材&テキスト:平賀哲雄


◎ライブ【#10 story LIVE ~Yumi Shiszukusa~】
09月06日(土)TSUTAYA O-nest SET LIST:
01.Rainy
02.MOVE ON
03.I’m in Love (feat. Wyclef Jean)
04.心はいつもRainbow Color
05.Missing you
06.時よ
07.証
08.I still believe ~ため息~
09.君の涙を無駄にしたくない
10.砂になる言葉
11.Everything for my dream
12.眠れぬ少女
13.CALLING ME
14.GO YOUR OWN WAY
15.I don’t Love You
16.dope
17.Dreaming
18.アルバム
19.傷ついても
20.花篝り
21.take me take me ~ReArr ver.~
En1.Keep it Love
En2.don’t u wanna c me tonight? ~ReArr ver.~


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい