ブライアン・ウィルソンの伝記映画配給権をライオンズゲートが獲得

Billboard JAPAN

 ハリウッド・レポーター誌によると、ブライアン・ウィルソン(ザ・ビーチ・ボーイズ)の伝記映画『Love & Mercy』に関する北米での配給権をライオンズゲート/ロードサイド社が買収したようだ。


 ビル・ポーラッドが監督を務める同映画は、ブライアン・ウィルソンの心の病や薬物乱用との何10年にもわたる闘いを描いた作品。ポール・ダノ、ジョン・キューザックが、それぞれ世代別のウィルソンを演じる他、エリザベス・バンクス、ポール・ジアマッティらもキャスティングされている。


 先日は【トロント国際映画祭】で上映されるなど大きな注目を集めており、早くからフォックス・サーチライト、ソニーなどのバイヤーから熱い視線が注がれていた。

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック