10年刑期中のレゲエ・スター、聴聞会の開催を裁判所に認められる 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

10年刑期中のレゲエ・スター、聴聞会の開催を裁判所に認められる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

 米連邦控訴裁判所が、有罪判決を受け服役中のジャマイカのレゲエ・スター、ブジュ・バントンの訴えを聞くことに同意したことが明らかになった。彼の弁護士が8月19日に発表した。


 グラミー賞受賞シンガーであるバントンは、2009年の逮捕に由来したコカインに関する密売と陰謀の罪で、10年間の刑期を務めている。おとり捜査の末、2011年に有罪判決を下されたのだ。


 チャールズ・オグレットリー弁護士はメールにて、アトランタの第11巡回区連邦控訴裁判所は同訴訟についての聴聞会を開くと述べている。


 今回の決定は、2012年にバントンの有罪判決が陪審団に支持されたことを受けてのものだ。バントンの元弁護士は、政府の情報員が不適切に同シンガーを陥れたと主張していた。


 オグレットリー弁護士いわく、バントンは裁判所の決定に満足しているという。聴聞会がいつ行われるのかは明らかになっていない。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい