ティンバーレイク、会場にいた自閉症の男の子のため誕生日プレゼント 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ティンバーレイク、会場にいた自閉症の男の子のため誕生日プレゼント

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ティンバーレイク、会場にいた自閉症の男の子のため誕生日プレゼント

ティンバーレイク、会場にいた自閉症の男の子のため誕生日プレゼント

 ジャスティン・ティンバーレイクが最新ツアーの公演途中で、自閉症の男の子のためにバースデーソングを歌ったことが明らかになった。男の子にとっては一生の思い出となるバースデーギフトだろう。


 母親マリカ・ローゼンタール・デランはウェブサイト“The Manifest Station”への投稿にて、息子ジュリアンの8歳の誕生日の願いは、ティンバーレイクのコンサートを見に行くことと綴っていた。両親はその願いを叶えるため8月11日、フェルトの帽子と蝶ネクタイ姿のまるでティンバーレイクのようなジュリアンを、カリフォルニア州サンノゼのSAPセンターでのコンサートに連れて行った。


 母親はショーの間、興奮したジュリアンが「僕の誕生日! 僕のプレゼント! 大好きだよJT!」と繰り返し叫んだり歌っていたため、隣の席の“モデル風の女の子たち”を困らせているのではないかと心配したと綴っている。しかし、それより先に周囲の観客たちはステージ上のティンバーレイクの注意を引きつける助けをし、ついにはティンバーレイクがアリーナの観衆をリードしてジュリアンのために「ハッピー・バースデー」を歌うことになったのだ。


 ショーが終わると、ジュリアンは声を掛けられた全員とハイタッチやフィストバンプ(拳を合わせる行為)をしたため、会場の外に出るのに1時間以上もかかったという。母親は「息子に対する世間の反応について、私は間違った考えを持っていました。教えて頂きありがとうございます。彼の障害の部分ではなく、彼自身を見てくれたことに感謝します」と、自閉症の子を持つ母の気持ちを綴っている。


 喜びに満ちたジュリアンの笑顔が示す通り、彼はしばらくの間、この誕生日の出来事を忘れないだろう。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい