世紀のバレエ・ダンサー、シルヴィ・ギエムが引退宣言 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

世紀のバレエ・ダンサー、シルヴィ・ギエムが引退宣言

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
世紀のバレエ・ダンサー、シルヴィ・ギエムが引退宣言

世紀のバレエ・ダンサー、シルヴィ・ギエムが引退宣言

 100年に一度の天才と騒がれ、その完璧な踊りと輝かしいオーラで世界中を魅了し続けたシルヴィ・ギエムが2015年に現役ダンサーとして引退することを発表した。

 シルヴィ・ギエムは、もとは体操選手で12歳でオリンピック予選を通過するほどの実力の持ち主。パリ・オペラ座バレエ学校での研修をきっかけに、バレエに転向し、史上最速でパリ・オペラ座バレエ団のエトワールの座にのぼりつめ、のちに英国ロイヤル・バレエ団に移籍した時には「国家的損失」とまで言わしめたほど天才だ。

 ギエムは「私は来る2015年の終わりに踊ることを止めます。そして日本でさよなら公演を行う予定でおります。現在のところ申し上げられるのはこれだけですが…」と、コメント。2014年の来日予定は、8月29日から31日まで開催される東京バレエ団創立50周年<祝祭ガラ>の東京公演と、9月初旬に開催される大阪、三重、富山公演。演目は、ギエムの代表作であるモーリス・ベジャール振付『ボレロ』だ。その後は、2015年12月に予定されている公演をもって、日本の観客に別れを告げる。

メイン写真(C)Eiichiro Sakata
舞台写真(C)Kiyonori Hasegawa


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい