米国で音楽に一番お金を使うのはアジア系人種。最新調査で明らかに

2014/08/14 19:05

 新しいニールセンのレポート“Listen Up:Asian-American Consumers and Music(注目:アジア系アメリカ人の消費者と音楽)”では、全人口のうち最も多く音楽にお金を費やし、音楽関連テクノロジーをより早く取り入れる、米国内1900万人のアジア系アメリカ人について詳しく述べている。

あわせて読みたい

  • ニールセン最新調査:ヒスパニック系アメリカ人の9割が毎週12時間半ラジオを聴く

    ニールセン最新調査:ヒスパニック系アメリカ人の9割が毎週12時間半ラジオを聴く

    Billboard JAPAN

    8/7

    アフリカン・アメリカン・ミュージックの博物館をナッシュビルに建設

    アフリカン・アメリカン・ミュージックの博物館をナッシュビルに建設

    Billboard JAPAN

    4/10

  • リアーナ、アジア系差別に反対するデモに参加

    リアーナ、アジア系差別に反対するデモに参加

    Billboard JAPAN

    4/6

    音楽の街・ナッシュビルに“体験型ギャラリー”オープン

    音楽の街・ナッシュビルに“体験型ギャラリー”オープン

    Billboard JAPAN

    3/31

  • リアーナ/ファレル/アリアナなど、反アジア系暴力を非難するコメントを投稿

    リアーナ/ファレル/アリアナなど、反アジア系暴力を非難するコメントを投稿

    Billboard JAPAN

    3/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す