ドリカムも認めた才能 NAOMI YOSHIMURAが1年ぶりワンマンで満員御礼の観衆を魅了 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ドリカムも認めた才能 NAOMI YOSHIMURAが1年ぶりワンマンで満員御礼の観衆を魅了

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ドリカムも認めた才能 NAOMI YOSHIMURAが1年ぶりワンマンで満員御礼の観衆を魅了

ドリカムも認めた才能 NAOMI YOSHIMURAが1年ぶりワンマンで満員御礼の観衆を魅了

 シンガーソングライターのNAOMI YOSHIMURAが、8月10日にshibuya eggmanで1年ぶりのワンマンライブ【NAOMI YOSHIMURA “THE LIVE 2014”】を開催。その実力に裏付けされた見事なパフォーマンスで会場を魅了した。

NAOMI YOSHIMURAのソロカットやその他の写真


 インディーズ時代にニューヨークで出会ったDREAMS COME TRUEから圧倒的な歌唱力とソングライティングスキルを絶賛され、彼らが初めて全面プロデュースするアーティストとして2003年にメジャーデビューした彼女。近年ではシェネル(Che'Nelle)をはじめとするアーティストやファッションブランドのシャネル(CHANEL)、大手飲料メーカー等への楽曲制作なども行っており、クリエイターとしての才も併せ持った実力派の本格シンガーだ。


 前述通り1年ぶりのワンマンとなったこの日は正午より開場ということもあり、客席に子どもを連れた人たちもちらほら。台風の影響であいにくの天候となるも場内は満員御礼だ。DJ MASATOのオープニングアクトに続いて、エレガントなドレス姿でステージに現れたNAOMI YOSHIMURAは、サポートのDJ CBR、キーボードの佐藤雄大を伴う3人体制で、2007年に発表したナンバー「夢ミゴコチ ゆらり」より記念すべき1日をスタートさせた。




 中盤、「みなさん、恋はしてますか?」と笑顔を見せたMCから「想う人へ ~おやすみ~」のゆったりとしたメロディを見事に歌い上げると、サックス奏者の藤田氏を招いた4人編成で、かつてChe'Nelleに提供した「クリスタルズ・オブ・ラヴ」のセルフカバーを熱唱。そして「かわいがってください」と披露されたのが、今回の会場よりリリースが開始した両A面シングル『赤い糸~君を温めたいと願うこの日々を今愛としよう~ / シイアワセ』に収録の「シイアワセ」だ。


 ダンサブルなビートの上をポップな音色が踊るキュートなサウンドの中、彼女のリズミカルなボーカルを堪能できる同曲。“私らしい”や”あなたらしい”などの“しい”を合わせた造語が冠された歌詞も印象的で、この日のステージの中でも特に強い存在感を示していた。


 Che'Nelleへ提供したヒットソング「ストーリー」から自身の楽曲「涙のてっぺん」で本編を終了させた彼女は、アンコールでもうひとつのシングル曲「赤い糸~君を温めたいと願うこの日々を今愛としよう~」を披露。ラストを飾った代表曲「幸せの湯」まで全16曲を歌い切り、終演後はサイン&握手会も開催してファンとの交流を楽しんだ。




 なお、シングル『赤い糸~君を温めたいと願うこの日々を今愛としよう~ / シイアワセ』は現在オフィシャルオンラインストアでも発売中。一方、NAOMI YOSHIMURAは8月16日に開催される【岡山後楽園 夜間特別開園~幻想庭園~】でもライブを行うことが決定している。




◎シングル『赤い糸~君を温めたいと願うこの日々を今愛としよう~ / シイアワセ』
MECD-001
[NAOMI YOSHIMURA ONLINE STORE]
http://naomi.theshop.jp


◎【岡山後楽園 夜間特別開園~幻想庭園~ THE LIVE 2014 in 幻想庭園】
8月16日(土) 岡山後楽園
入園料:
大人15歳~65歳未満(中学生を除く) 400円
小人(小・中学生) 140円
シニア65歳~ 140円
info:http://www.okayama-korakuen.jp/


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい