しょこたん 猛勉強の成果を発揮、流暢な広東語で3年連続香港単独ライブ大成功 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

しょこたん 猛勉強の成果を発揮、流暢な広東語で3年連続香港単独ライブ大成功

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

しょこたん 猛勉強の成果を発揮、流暢な広東語で3年連続香港単独ライブ大成功

しょこたん 猛勉強の成果を発揮、流暢な広東語で3年連続香港単独ライブ大成功

 7月30日 中川翔子が、九龍灣國際展貿中心 Music Zone@E-Maxで3年連続となる香港での単独ライブを開催した。

中川翔子 その他のライブ写真など


 今回のために猛勉強をしてきたという彼女は、オープニングMCから「こんにちは、中川翔子です。みんなに会いたかった! 今の私は香港から始まりました。大好きな香港に3年連続で来ることができて本当にうれしい。今日はみんなで盛り上がっていきましょう!」と流暢な広東語で挨拶。これには地元のファンも感激したようで、地鳴りのような歓声が会場を包んだ。


 新人女性ボーカルグループ Little Glee Monsterのオープニングアクトから幕を開けたライブでは、ヒット曲「さかさま世界」、新曲「キラキラ-go-round」など全18曲をほぼノンストップで披露。アニメソングメドレーでは「ジョジョ~その血の運命~」や「ウィーアー!」といった、田中公平作曲の4作品を熱唱すると客席も大いにヒートアップし、アンコールではジャッキー・チェン主演映画『ポリス・ストーリー/香港国際警察』の主題歌「英雄故事(ポリスストーリー)」を名ポーズと共にお披露目する場面も。


 ラストは代表曲「空色デイズ」の広東語バージョンをファンと一緒に大合唱。ライブを終えた中川は、「ずっと目標にしていた香港でのライブももう3回目! 大好きな香港の皆さんに、もっとレベルアップした姿を見せて恩返ししたいです!」と興奮気味に話し、来年以降の香港公演にも前向きな姿勢を見せた。


 前日から多くのメディアの取材にも対応していた彼女だが、終演後にはファンミーティングも実施。ここでも流暢な広東語で交流を図り、ファンを大事にするしょこたんの人柄がうかがえた。




◎ライブ出演情報
【rockin'on presents ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014 Supported by BOSE】
8月9日(土) 国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)


【スーパーアニソン魂2014 “夏の陣”】
8月10日(日) Zepp Tokyo


【AOMORI SHOCK ON 2014】
9月28日(日) 青森港新中央埠頭 野外特設ステージ


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい